次世代の太陽電池(太陽光発電)に向けて

 平成から令和へ元号が変わった。日本人というのは節目をとっても大切にする人たちである。太陽光発電のFITが次第に終わりを迎えているが、目の前の利益から本当の意味での地球のための利益をもとめるいい節目である。小生の自宅の太陽光発電のFITの期限は迄であるが、今できることは次世代の太陽電池が環境のやさしいこと。環境破壊をするための創エネがあるとすれば、それをなくし「真のエコデバイス」を検討することであると思う。

参考文献

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です