ジビエGibier NEWs 2020.2.27

18年度は鳥獣被害158億円 6年連続減も13道府県で増 現場の負担調査へ 農水省

日本農業新聞

日本ジビエ振興協会の藤木徳彦代表は、全国の農業高校などから、地域の鳥獣被害やジビエの調理方法を学ばせたいというニーズがあると紹介。被害対策に …

Powered by google alert

項目内容
Who 農水省
When2020.Feb.27
Where 自民党の野生鳥獣に関する合同会議
What 2018年度の野生鳥獣の農作物被害額が158億円となったことを報告した。6年連続で減ったが、13道府県で増えている。
Why 直接的な被害だけでなく、営農意欲の減退や耕作放棄地の増加などにも結び付いているとし、現場の負担感など金額以外の被害実態を調査する考えを示した
How 議員からは、狩猟者の確保や野生鳥獣の肉(ジビエ)の利用促進などを課題に挙げる意見が相次いだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です