ジビエGibier NEWs 2020.2.29

新潟県上越市のジビエ加工施設がペットフード商品化を目指す

にいがた経済新聞

上越市の柿崎ブーシェリー(森本祐造代表)は、地元で獲れたイノシシやシカなどを解体し食肉加工する施設。今年2月には同市の料亭、長養館でジビエ(狩猟肉) …

Who柿崎ブーシェリー : 森本祐造代表
When2020.Feb.
Where 新潟県上越市
What 料亭、長養館でジビエ(狩猟肉)料理の食事会
今後、 ペットフードとして商品化したい方針
Why 柿崎区ではイノシシによる農作物被害が問題になっていたため、銃で撃ったり、わなを仕掛けたりしてイノシシを捕獲。
 無駄な命を出さないように活用したいため。
How 上越市内のフランス料理店や新潟市内の料亭のほか、東京都内の1つ星レストランにも提供
新潟市1店舗と東京に2店舗、カレー専門店も経営
 イノシシの骨でフォン(出汁)、肉はミンチしてカレーに使用。

Powered by google alert

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です