ジビエGibier NEWs 2020.3.2

「丹沢ジビエ」で一石二鳥 秦野、獣害防止と地域活性化を

カナロコ(神奈川新聞)

秦野商工会議所観光飲食部会が、「ジビエ料理」の普及に取り組んでいる。ほとんどが処分されているイノシシやシカの肉を食材として活用。地域の観光資源に …

Powered by google alert

Who秦野商工会議所観光飲食部会
When2020.Mar.1
Where神奈川県秦野市菩提; 秦野市表丹沢野外活動センター  
What 行政や飲食店との連携を模索するため、2月18日には関係者を招いた試食会を初めて開いた
Why 「ジビエ料理」の普及に取り組んでいる。ほとんどが処分されているイノシシやシカの肉を食材として活用。地域の観光資源に育て、農作物被害の防止と地域活性化の“一石二鳥”を目指す
How 丹沢や大山を抱える秦野、伊勢原両市の首長や部会に所属する飲食店経営者らが参加。
 日本ジビエ振興協会代表理事で、フレンチレストランのシェフ藤木徳彦さん(48)が講師

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です