有機EL OLED News 2020.3.17

Wuhan 天馬6G OLEDライン設備のセットアップ遅延

有機Elディスプレイ・有機El照明・有機El材料・部材の動向

新照明の情報

UBIリサーチ

2020. 3.17.

 Wuhanの天馬T4工場はコロナ発生期間でも生産を継続しており、ph2 6G OLEDラインのメイン装置はすでに搬入が完了しているが、海外の装置メーカーの従業員がWuhanに入ることができない状況で、装置のセットアップが遅れている。最近では、Wuhanを含む中国のコロナウイルス感染者数が減少することにより、第2四半期からは装置のセットアップが再開されると予想されており、量産は第3四半期以降から始まるものと思われる。天馬 T4のph2は2..

コロナウイルスが2020年OLED市場に与える影響

有機Elディスプレイ・有機El照明・有機El材料・部材の動向 新照明の情報

2020.3.8.

UBIリサーチ

年初から襲ったコロナウイルスによって、中国をはじめて韓国の産業にも暗雲が近づいている。コロナウイルス発祥地である武漢は中国のディスプレイメーカーが大規模に生産基地を建設している要衝なので、中国ディスプレイ産業に悪影響を及ぼしている。 武漢と中国内の複数の場所で進行中のラインの建設に人が不足して工場設定に支障が発生している。 同時に、中国内の部品素材メーカーも工場でエンジニアの復帰が遅れており、サプライチェーン全体の稼働率が低下した。 O..

Powered by PubMed

項目内容
Who Wuhanの天馬T4工場
When2020.3.17
Where中国 武漢
What 中国をはじめて韓国の産業にも暗雲
Why 年初から襲ったコロナウイルス
How

スポンサードリンク