猪猟解禁まで、あと数日だが!豚コレラはいつまで…。

 ジビエについて、昨年より調べ始め、豚コレラの話題が出たのが、1年ほど前、はじめは、鳥インフルエンザのように、行政の指導のもと、収束を迎えて、解禁の2年目には話題にも上らないと思っていた。しかし、現状は、そう甘くはなく、マスコミで取り上げられることが少なくなっているだけで、確実に ウイルスの感染 は広がっている。小生も3月には更新をやめていた。その後、各関係者や自衛隊の方々の殺処分のお話を聞いたことがあるが、神経をやられるほどすさまじい光景ということであった。国を守る判断( 豚コレラ清浄国 )という名は名ばかりとなってしまったといわざるを得ない。誰しも1年以上こういう状況が続くとは思っていなかったと思うが、やはり、自然の猛威には我々は無力であることを謙虚に受け止め対応していかなければいけないと心から思う次第である。本日令和天皇の 「即位の礼」があり、時代は次のステージへ進んでいくが、自然の営みは我々の関係ないところで進んでいく。来年には豚コレラの話題がなくなるように祈るばかりである。隣国には、次の来訪者となるかもしれない、「アフリカ豚コレラ」が来ているのだから…。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です