入学式…雪が舞い踊る?

 今年の冬は雪がほどんどなく、スタッドレスタイヤの意味がなかったという声をよく聞いた年であった。しかし、ここ数日、朝目を覚めると車にうっすら雪が積もっている。冬将軍の最後の抵抗とでもいえようか…。さて、今日は入学式、学生と保護者の皆さまには本当におめでとうと言いたい。いろいろチャレンジして、成功や失敗を経験し、楽しんで、4年後無事希望のところに巣立っていってほしいものです。

 さあ、我々はいつも新しい学生を受け入れ、育て、送り出している。一般の社会人の方と比べると、毎年リセットを繰り返しているようにも思う。

 これからどんな学生に育っていってくれるのか。我々が育っていかなくてはいけないのか。平成最後の入学式、令和元年世代の活躍を昭和・平成を生きてきた我々が伝えるものはしっかりと伝え、また、ICTなど前時代だといわれないように、一緒にチャレンジしていきたいと心新たに引き締めた日であった。

参考文献:いらすとや

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です